平成28年12月27日(火)

 
総合相模補給廠一部返還が進められていますが、JR横浜線相模原駅側の完全返還地域の開発、及び共有地の一部を大型のレクリエーション・ゾーンとして開発し、野球場やテニスコート、サッカーコート、駐車場などが整備される計画が発表されています。これらの計画の他に総合相模更生病院の前の道路をまっすぐ北へ伸ばし、町田街道の小山郵便局交差点へと連結する「南北道路(仮称)」が以前から予定されていました。
 この度、相模原市都市建設局道路部道路整備課殿より連絡があり、この南北道路の開通へ向けて本格的な工事が始まる旨説明と回覧資料の配布がありました。
 工期は平成28年12月中旬 より 平成29年3月下旬までとなっています。
 開通には既存の道路との交差箇所への信号機の設置なども伴うようですが、いずれにしても間もなく開通になりますので特に宮下本町1丁目、及び丸山地域の皆さんには相模原駅へのルートが短縮され便利になるものと期待されます。
 以下にこの度回覧した内容を掲載いたします。
 より詳細な資料はコチラ をご覧ください。



Ecode: http://sagamihara-oyamajichiren.jp/News/20161227-nanbokuroot.html
2016.12.27 update FJ

始まった南北道路開通の工事

inserted by FC2 system