平成28年12月6日(火)

 恒例の五部(*1)合同視察研修会が開催され、城山発電所と宮ケ瀬ダムを訪問しました。
 
 城山発電所は昭和40年に完成し神奈川県内のエネルギー安定供給に寄与しています。
 同所は神奈川県内に13箇所ある水力発電を総合的にコントロールしており、特に夏季の電力
消費が増大する時期に不足しがちなタイミングを狙って緊急に電気を供給する重要な役割を担
っており、発電の実力はMax47万KWだそうです。
 研修会では30分ほどのレクチャーのあと3班に分かれて所内の心臓部である制御室をはじめ
普段決して目にすることが無い230mの地下に設置された巨大な水力発電装置や制御機構、
18000ボルトの電気を通す太いケーブル等などスケールの大きさと精密な仕掛けなどに驚くば
かりでした。

 2番目に訪れた宮ケ瀬ダムは2000年(平成12年)に完成しました。このダム建設でせき止めら
れてできた宮ケ瀬湖の広さは芦ノ湖と同じくらいの規模だそうです。
 ダムの高さは156メートルあり、黒部ダムに次ぐ規模を誇っています。
 湖畔には「県立あいかわ公園、鳥居原園地、小中沢園地及び宮ケ瀬湖畔園地など風光明媚
な観光地やレクリエーションセンターなどがあります。
 研修ではここでも30分ほどのレクチャーを受け、その後は自由行動時間となり、ダムを垂直に
往復するエレベーターで一気にダムの下へ出て、真下から巨大なダムを眺めたり近くの石小屋
ダムまで散策し、少し紅葉の時期は過ぎたものの見事な景色を堪能しました。
 たまたま湖畔で多くのカメラマンが群がっている場所があり、仲間に加わって対岸の水鳥たち
を撮影して来ましたが、その中にヤマセミも混じっていました。
 当日のアルバムを下に表示します。スライド操作は右矢印と左矢印ボタンです。

【備考】
 *1 五部 :交通部、防犯部、防災部、環境衛生部、広報部

 

Ecode: http://sagamihara-oyamajichiren.jp/News/20161206-kenshu/kenshu.html
2016.12.07 update FJ


五部合同視察研修会アルバム

inserted by FC2 system